CNBCによれば、米ディズニーは米国向けのストリーミングサービスを2019年に立ち上げ、後にサービスを全世界に拡張する方針を明らかにしました。ディズニー作品は今後、全てこのストリーミングサービスで配信されます。

 

米国版のNetflixでは現在、「モアナと伝説の海」「ジャングル・ブック」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」といった作品を視聴することができますが、ディズニーとピクサーの作品はNetflixから削除されます。(時期は不明)

最初のラインナップとしては「トイ・ストーリー4」、「アナと雪の女王」の続編、実写版「ライオン・キング」が含まれるそうです。さらにストリーミングサービスでしか観れないオリジナルのTV番組や、映画にも投資していく予定とのことです。

スポンサーリンク