ディズニータッチタッチの間違い探しの種類を紹介していきます。

ノーマル

一般的なまちがい探し。左右の絵から違うところを見つけてタッチします。該当箇所であれば、左右どちらの絵をタッチしてもOK。

ピース

バラバラになった絵のピースから、左右で同じものを見つけて交互にタッチ! 難易度が上がるとピースの数も増えていきます。

スクラッチ

右側の画面が隠れているのでこすって削ってからまちがいを見つけます。まちがいを見つけてもその部分に削り残しがあるとタッチできないので注意。

ミラー

左右の絵が鏡合わせに! 絵が反転している以外はノーマルと同じなので、落ち着いてまちがいを探しましょう。

スピード

1枚1枚のまちがい探しに制限時間がついています。時間内にまちがいを見つけられないとペナルティが発生します。

魔法のえんぴつを増やす方法

>くわしくはこちら<

ネクスト

間違いを指摘し終わった時点で、自分の判断で次へ進まなければいけない。まだまちがいがあると探し直しになるうえ、制限時間が減る。

ズーム

画面左に右の絵の一部がズームで映し出されます。その部分を右の絵から探し出しタッチします。

スクロール

出題される絵が上から下にどんどん流れていくスクロール。連続正解するごとにどんどんスクロールの速さが上がっていきます。

ターン

バラバラになったピースをタッチで回転させてパズルを完成させます。回す必要のないピースをタッチしてしまうとペナルティがあります。

セレクト

4つの絵のなかから、左と同じ絵を探してタッチします。

スポンサーリンク